一年の締めに、今年よく行ったパブのうち印象深い店をあげておく。料理メインのレストランは別の記事で。

  • Hostinec U Bláhovky

    市内でもっとも歴史があるパブ。ビールはピルスナーウルケルのみ、完璧な注ぎ具合で出てくる。仕事帰りに寄ると混んでいて入れないことが多いが、週末の午後はのんびりできる。

    Hostinec U Bláhovky

  • U Alberta

    シュピルベルグ城のそば、カフェのような洒落た雰囲気の店。オリジナルブランドのチェコラガーのほかに、エールやスタウトなどを提供。利き酒セットのようなものもある。16:00開店、Wifiあり。

  • Výčep Na stojáka

    立ち飲みスタイルのパブ。市内に2店舗あって、Šilingrovo náměstí 近くの店には椅子がある。オリジナルブランドのチェコラガーの他に、近隣のビールを数種類取り扱っている。16:00開店、Wifiあり。

  • Ochutnávkové pivnice

    定番のチェコラガー(プリマトール)のほかに、ドイツやベルギーの輸入ビールなどを多数提供。数日おきにメニューが変わる。小さいグラスで何種類も試すのが楽しい。15:00開店、Wifiあり。

  • Zubatá Žába

    店主が一人でサーブしている。定番のチェコラガー(ポリチカ)と、あまり見かけないチェコビールを数種類提供。暗くてジャズが流れる癒し空間。

最近郊外に引っ越してしまったので、ここに挙げたような有名店には機会がないと行けない。来年は少し足を伸ばして新しい店を開拓したい。